2017年8月31日木曜日

鯖江の眼鏡 オリエント眼鏡 新型婦人枠 モデラート

hatoです。

だんだん、暑さが落ち着いてきましたね。

クーラーを使う頻度が、ちょっとづつ減ってきているように思います。

といっても、まだまだ暑いですが・・・



さて・・・




ブログ更新が追っついていない感がありますが・・・;;

今日はどうにか更新しようと思っています。

新型情報をご案内しますね。



今日は・・・モデラートの新型。


以前、謎に包まれた婦人枠の新商品として載せたものです。
以前のブログ→http://orient-opt.blogspot.jp/2017/06/blog-post.html


モデラートとして、デビューです☆









この新型モデルを皮切りに、従来のモデラートに三つのラインが今後誕生します。

まずは、ブラックシリーズ(シンプルライン)の新型が発売となります。

他にはレッドシリーズ、ゴールドシリーズを予定しています。












型数は2型。

オールチタンフレームです。

MD-501 
48□16-135 天地33.0mm
50□16-135 天地34.4mm

OR:オレンジ PK:ピンク WN:ワイン

MD-502
50□16-135 天地33.0mm
52□16-135 天地34.3mm

PU:パープル PK:ピンク DWN:ダークワイン













それぞれ2サイズ、3色展開となっております。






全体的にコロンとした丸みのあるパーツが、

とても柔らかいイメージを作り出してくれています。

といっても、全体的に流れるようなフォルムで甘すぎないように仕上げています。




好き嫌いが無く、飽きの来ないシンプルなフレームになっております。
 


もちろん、純鯖江産です☆













3 件のコメント:

  1. 新型婦人枠 モデラートについて

    「モデラート」とは?

    音楽用語で、「中くらいの速さ」「おだやかな」

    遅すぎず早すぎず、おだやかな曲調に聞こえる速さと捉えられているのか?

    モデラートヴィヴァーチェは、控えめな装飾で純チタンを中心とした定番型フレーム。
    長く使えるデザイン、長く使える品番を重視とされています!

    久しぶりに新型婦人枠を見てみると・・・・・・・
    好き嫌いがなく飽きのこないシンプルなフレームになりすぎていませんか?

    特徴とか個性がないのではありませんか?

    会社の方針なのか?デザイナーの好みなのか分かりませんけど。

    オリジナルフレームはどれも同じように見えますよん!

    玉型もそうだし、色合いもそうだし、デザインも無難に行きすぎですよね?

    これだと、フルメタルフレームは、バルセもシュンキワミもモデラートもあまり変わり映えのない特徴のないと消費者は思いますよ!
    以前のほうが、モデラートの特徴がはっきりしていました!

    2020東京オリンピックのロゴマークでさえデザインはシンプルで日本のイメージに見合ったものと選択されるまでゴタゴタありましたが(笑)

    メガネフレームは顔の真ん中に掛けるものだし、長く掛けてもらえる顔の一部になるとハデ過ぎず地味過ぎず、それでもって、新鮮味があって予算に合うもの、上司の了解を得ないと前に進めない。
    いろいろなハードルをクリアして新製品の発表に関して辛口コメントを申し上げるのはいかがなものかと(笑)

    しかし、先日、ワールドカップサッカー最終予選のオーストラリア戦でハリルホジッチ監督が進退を賭けた注目の一戦で2-0で
    勝利して過去の批判を一蹴しました!
    勝てば、監督続行!
    引き分け、負けると監督を解任される厳しい国を背負う監督業。
    1年前、UAEに敗れた時は、初戦に敗れるとワールドカップに出場できないジンクスを見事、破りました!

    日本サッカー協会のお偉い方からの圧力とかマスコミからの執拗な質問攻めでストレスが溜まっていたと思いますが、過去の監督だったら先発メンバーは実績とかネームバリューで選んでいたが
    オーストラリア戦は若くてスタミナがあってコンディションのいい選手を選んだ手腕はなかなか参考になります!

    今後の私のメガネ販売における経営の参考になりますね!

    まぁ、長々とコメントしましたけど気になさらないで下さいね(笑)

    返信削除
    返信
    1. どーもtakaです。hatoでなくてもうしわけありません(笑)
      さっそくですが、モデラートに対してのご意見ありがとうございます。
      まったくご指摘の通りでございます。没個性と言われてもしかたないものだと思います。。。
      で。。もともとモデラートの基本は、あまり華美すぎないんだけれども存在感がそこはかと感じられる様な商品になればと思い、企画してきました。
      音楽で例えれば中規模のライブ会場に数人の演奏者で奏でるコンサートのような気軽な雰囲気のイメージだったのが
      いつの間にかフルオーケストラのごとく重厚すぎる趣きにデザインもメタボ化していました。
      これは私のブランドをコントロールする力の無さゆえだと思います。。
      今回はその反省もふまえて、もう一度 再構築する運びになりました。
      まず基本ラインを確認するための超ベーシックラインを企画しました。これが今回のモデルです。自宅でピアノや生ギターをつま弾いているような日々の生活に寄り添った感じです。
      この商品を作る事で、最低限のスタイルを提案したあと今後の企画で、ハーモニーが重なっていくような商品構成を段階的に増やしていく、もくろみであります..ので ぜひご期待ください。
      長くなってしまいましたが、今後ともモデラート及びオリエントの商品を よろしく お願い致します。

      削除
  2. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除